loading

TSUCHIYA CAR'S

TSUCHIYA CAR'S TOTAL CAR LIFE DEALER SINCE 1969

ツチヤ自動車、創業。
新車ディーラーでの中古車販売経験をもとに、土屋正己はついに独立を決意した。新車、中古車問わず、時代は自動車を欲していた。新車が好調に売れていくと、それに合わせて中古車も市場に出回る。ほおっておくとすぐにディーラーの駐車場が中古車で溢れてしまうような、そんな時代だった。1969年(昭和44年)、東京都葛飾区新小岩にて、ツチヤ自動車の前身となる土屋自動車販売が設立された。

オイル交換を、無料。
近畿地方大手中古車へ視察に行ったときのこと。土屋はそこで、無料でオイル交換する光景を目の当たりにし、驚きを隠せなかった。「なぜこんなことをやっているのか」そう尋ねる土屋に、中古車店の社長は一言「お客様との絆が太くなるから」。会社に戻ると土屋はすぐに同様のサービスを開始。良いものはすぐに取り入れるのが土屋のモットーだ。結果、お客様との接点が増え、長い信頼関係を育む一助となった。その後、現在に至るまでこのサービスは続いている。土屋の座右の銘『継続は力なり』を実践した格好だ。

故郷に錦を飾る
5店舗目となる東金への出店は、土屋にとって特別な想いが伴うはずだった。九十九里地域は、土屋が生まれ育った地元だったからである。中古車店はもちろん、飲食店などもまだ少ないエリアだったが、だからこそ100台以上の展示在庫を置くツチヤ自動車東金店は注目を集め、宣伝効果抜群であった。地元だけに親族・親戚はもちろん、友人・知人など多くの人が来店し、クルマを購入してくれた。そのことは土屋にとって"故郷に錦を飾る"ことであり、また、独立して良かったとつくづく思える出来事となった。

業界に新たな利益をもたらす。
「業界の発展に寄与する」という土屋の想いは、JU東京の会長就任後に加速度を増していた。この年には、現行の封印受託業務を本格的にスタートさせる。「封印」とはナンバープレートを留めるボルトに被せたアルミ製のキャップのこと。しかるべき手続きを踏んでナンバープレートが取得されたことの証であり、不正を防ぐ目的のある「封印」は、従来は陸運支局まで車両を持ち込まなければ取り付けることができなかった。
かなりの時間と労力を費やすため、手続きの簡略化が望まれていたのである。その封印業務を受託する試みを1990年頃から段階的に続けてきたJU(日本中古自動車販売協会連合会)と、JU東京の会長である土屋は、ついにこの年、受託事業を本格開始させたのだった。これにより封印業務のスリム化が実現しただけでなく、自動車販売事業者にとっては代行手数料による新たな事業収益を得ることとなり、Win-Winの関係をもたらすこととなった。

黄綬褒章、受章。
業界の発展に尽くしてきた土屋に対して。数々の表彰がなされたのがこの頃だった。2002年には、関東運輸局長より陸運及び観光関係部外功労者表彰を、石原慎太郎東京都知事(当時)より東京都功労者表彰を受賞。2003年には、国土交通大臣より自動車関係功労者表彰を受賞し、翌年には環境指向型事業者東京運輸支局長表彰を受賞した。そして2004年、天皇陛下より黄綬褒章を授与される。長年の努力が報われる瞬間だった。

次の50年に向かって。

2014年 創業45年を超えたツチヤ自動車に、2016年初春、再び嬉しいニュースがもたらされた。社長 土屋正己の旭日双光章の叙勲である。2度目となる、勲章授与に、これまでツチヤ自動車を長きに渡り支えて下さったお客様、社員、お取引先、関係各所に対する深い感謝の念と、企業理念である「革新への挑戦」を新たに誓う機会となった。
着実に事業の充実を図るツチヤ自動車も、創業からもうすぐ半世紀。この間に自動車販売を取り巻く環境は目まぐるしく変化してきた。クルマと人々との在り方が変わっていく中で、ツチヤ自動車の変革は今後も続いていく。
最終的に目指しているのは、地域に根差し、どんなことでもお客様の役に立てる企業になること。

長くお取引いただいたお客様がある日、
何らかの事情で、クルマに乗らなくなったそのとき。クルマの代わりに、どんな価値を提供できるだろう。
そんなことまで、ツチヤ自動車は考え始めています。
創業50周年を経て、100年企業になるために。

  • TSUCHISTA_No10

  • DSC03300

  • TSUCHISTA_No08

  • TSUCHISTA_No07

  • TSUCHISTA_No.06

  • TSUCHISTA_No.05

  • TSUCHISTA_No.04'

  • TSUCHISTA_No.02

  • TSUCHISTA_No.03

  • TSUCHISTA_No.01

もっと見る

  • TSUCHISTA_No10

    ツチヤスタッフ

    2017/12/15

    ノベルティグッズのご紹介♪
    ツチヤ塗り絵とツチヤ色鉛筆とツチヤステッカー、どれもかわいいです!!
    自分たちで企画しておいてなんですが、なかなかのクオリティです…
    随時、各店舗にてお手にとっていただける機会が出てくるかと思いますので、ぜひ!ご自身の目で!このクオリティを確かめてみてください。

  • DSC03300

    ツチヤスタッフ

    2017/12/14

    12月に入り、一層寒さが増してきましたね。
    そんな中新小岩店内では、恒例のあのイベントに向けムード抜群です!
    今年は何が当たるかな?たくさんの方のご参加お待ちしております。
    年末恒例のイベント詳細はコチラ!

  • TSUCHISTA_No08

    ツチヤスタッフ

    2017/12/05

    【PV撮影裏話①】
    サイトTOPのカウントダウンの背景でも流れているツチヤ自動車のPVですが、高いところからの場面がどう撮影されているのか気になりませんか?
    実はこれ、ドローンを使って撮影しています。せっかく動画を撮るのだからと、機材にもこだわりました。
    お客様との直接のコミュニケーションはもちろんですが、動画撮影にも抜かりがありません!革新への挑戦!
    Movieはこちら

  • TSUCHISTA_No07

    ツチヤスタッフ

    2017/11/13

    こんなところにもツチヤロゴが使われています。
    あまり意識して見ることはない部分ですが、細部までデザインにこだわっています。
    みなさまお気付きでしたか?

  • TSUCHISTA_No.06

    ツチヤスタッフ

    2017/09/19

    「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ。(ニール・アームストロング)」
    ツチヤ自動車が創立された1969年、人類は初めて月面に着陸しました。 まだ現在ほどテレビが普及していない中、約5億人がテレビ中継を見ていたそうです。
    月面着陸から現在まで、同じ約半世紀という時間をツチヤ自動車も歩んできました。 偉大な飛躍ができるわけではありませんが、我々も一歩ずつ前へ進んでゆきます。

  • TSUCHISTA_No.05

    ツチヤスタッフ

    2017/09/19

    この車は、ツチヤ自動車(当時:土屋自動車販売)が生まれた年と同じ1969年に発売された、Ford Mustang 1969 Coupeという車です。 最近のモデルとは外観が大きく異なりますが、当時のクーペタイプは国産車も外車もこのように比較的ロングノーズなモデルが主流でした。
    いつの時代も流行り廃りはありますが、この時代の車はいつ見てもカッコイイです。 ツチヤ自動車もお客様にとって、いつも信頼できる相談相手として在り続けたいと思います。

  • TSUCHISTA_No.04'

    ツチヤスタッフ

    2017/09/19

    〜グッズ制作過程を大公開①〜

    ツチヤ自動車では、現在ノベルティグッズを制作中です!
    みなさまにもきっと喜んでいただけるグッズを取り揃えてまいります。
    今回はその制作の過程を少しだけ公開致します。
    *****
    こちらはとあるグッズのデザイン案です。毎度、このようにいくつかのデザインが上がってくる中から、グッズ化していきます。

  • TSUCHISTA_No.02

    ツチヤスタッフ

    2017/09/19

    「"クルマを売ること"だけが私たちの仕事ではありません。」

    カーライフを通じてお客様の生活をより良いものにするために、ツチヤ自動車は多岐に渡る提案をさせていただいております。

    これまでの50年と同様、私たちはお客様の笑顔のために、努力を怠ることなく営業を続けてまいります。

  • TSUCHISTA_No.03

    ツチヤスタッフ

    2017/09/19

    【ツチヤロゴ制作秘話】
    「あえて、この業界の風習にとらわれないで行こうとは考えていました。
    まず何より地域に愛される覚えやすいロゴを目指しました。車関係と一目でわかるけれど、それがくどくない爽やかさを持ち、長い期間使ってもらっても色褪せないシンプルなものがいいなと。
    色付けの段階では、新たにツチヤ自動車のテーマカラーとして【黄緑】を選んでいただいたので、さらにそのイメージを後押ししていると思います。」(デザイナー)

  • TSUCHISTA_No.01

    ツチヤスタッフ

    2017/09/19

    2019年、ツチヤ自動車は多くのお客様、お取引先様、社員、関係各所のみなさまに支えられ、創業50周年を迎えます。
    創業から半世紀を迎えた今、「どこよりも良いクルマを販売する」以上の価値をお客様に提供するために、ツチヤ自動車の企業理念である「革新への挑戦」に、新たな気持ちで取り組んでまいります。
    次なる50年をお客様とともに歩み、100年企業になるために、ツチヤ自動車は成長し続けます。

top

お客様の個人情報取り扱いに関する基本方針

当社がお客様に商品サービスをご提供するにあたり、個人情報を取得・保有・利用しております。 当社はお客様の個人情報保護の重要性を深く認識し、個人情報を保護し適切に取り扱うために、 ここに当社としてのプライバシーポリシーを定めます。当社では、お客様の個人情報を以下の目的以外には利用いたしません。

(1) 定期点検、車検および保険満期のご案内などを提供するため、郵便、電話、電子メールなどの 方法によりお知らせすること。

(2) 当社において取り扱う商品・サービスなどあるいは各種イベント・キャンペーンなどの開催について、 郵便、電話、電子メールなどの方法によりご案内すること。

(3) 商品開発あるいはお客様満足向上策検討のため、郵便、電話、電子メールなどの方法により アンケート調査を実施すること。

(4) 与信判断および与信管理

(5) 以下の個人情報を書面または電子媒体によりグループ販売会社、当社の提携会社に提供すること。

(6) 車両の販売・仕入・登録・届出のために、車両証および定期点検記録簿本体並びにそれらに記載されている 個人情報を取得・利用し、販売先・仕入先に書面(本体およびコピー) または電子媒体により提供すること。 ただし本人申し出により第三者提供を停止いたします。

(7) 運転免許証等により本人確認を行い古物営業法に基づく古物台帳に記載すること。

当社は、お客様の個人情報を、上記(1)-(5)および(6)にて定めた提供先を除き、正当な理由のない限り お客様の同意を得ることなく他社、第三者に提供いたしません。

当社は、お客様がご本人の個人情報の確認、訂正などを希望される場合は、当社の定める書面の提出 により開示に応じます。開示請求書などの当社の定める書面の入手方法・開示請求書等を希望される場合の ご本人および代理人の確認方法等につきましては、当社までお問い合わせください。なお、個人の開示にあたりまして、手数料をお支払いいただくことがあります。

当社は、お客様の個人情報の取り扱いに関する日本の法令、その他の規範を遵守します。 当社は、お客様の個人情報について、適切な安全措置を講ずることにより、漏えい、改ざん、紛失などの 危険防止に努めます。

当社は、個人情報の取り扱いに関して、定期的に監査を行い、常に継続的改善に努めます。