loading

TOPページ

50周年記念

キャンペーン情報

車両検索

お問い合わせ

ショッピング

プライバシーポリシー

TSUCHIYA CAR'S

TSUCHIYA CAR'S TOTAL CAR LIFE DEALER SINCE 1969

TOPICS

ツチヤのお悩みスッキリ!!【バッテリーあがり編】

Jan

16

topics_6

「気づいたらトラブル発生」でもっとも多いのが「バッテリーあがり」ではないでしょうか。
今回は「バッテリー上がり」がなぜ起こるのか、
起きてしまったときの対処法などをご紹介します。



目次






バッテリーあがりの原因は?

車のバッテリー上がりの原因として
ヘッドライトやハザードランプといったライト類や室内灯の消し忘れが非常に多いのではないでしょうか。
エンジンが停止した状態でヘッドライトや室内灯を点灯し続けると
車に搭載したバッテリーの電力が消費し、
なくなってしまうとバッテリー上がりの原因となってしまいます。

クルマに搭載されているバッテリーは、
エンジンが始動しているときはオルタネーター(発電機)によって
発生した電力を充電する機能があります。
そうして貯められた電力によってライト類をはじめとした
エアコンやオーディオといった電装品に電気が供給されます。
ですので、エンジンを止めて発電がないままで
長時間ライト類を点灯したりオーディオなどを使い続ければ、
バッテリーに蓄えられた電力が消費され電力はどんどんなくなってしまい、
バッテリーあがりが発生する、ということになってしまいます。


もしバッテリーがあがってしまったら?

もし、自分の車のバッテリーが上がってしまった場合、
ジャンピングスタートという方法でエンジンを始動させて対処します。
ジャンピングスタートは、
・他の車(救援車)のバッテリーからブースターケーブルを使って電力を一時的にわけてもらう
・ジャンプスターター(エンジンスターターとも言います)と呼ばれるアイテムを使う
上記2通りの方法があります。
現在はポータブルタイプのジャンプスターターも販売されているので
バッテリーが上がってもすぐにエンジンが始動出来る備えをしておきましょう。
ブースターケーブル

ポータブル ジャンプスターター エンジンスターター

ジャンピングスタートによってエンジンが始動できたとしても、
安心はできません。
なぜなら、バッテリーの電力がほとんどない状態でエンジンを止めると
再始動できない可能性が高いからです。

そこで、エンジンが掛かったら、
しばらくエンジンを掛けっぱなしにする、または30分以上走行することで
オルタネーター(発電機)による発電を促しバッテリーに蓄電させましょう。



予防するためには?

使用状況によって変わりますが、バッテリーの平均寿命は2~3年くらいです。
バッテリーの寿命が近づくと
「エンジンの回転数によってヘッドライトの明るさが変わる」、
「パワーウィンドウの開閉が遅い」という症状が発生します。
これらのサインでバッテリーの寿命を判断することも可能ですので
車からのシグナルを察知して、寿命を迎える前の交換をオススメいたします。

もう一つは、バッテリーの電圧です。
バッテリーの寿命を計るポイントとして、定期的な電圧のチェックが有効です。
チェックする場合はテスターという専用機器が必要となります。
テスター バッテリー 使い方は簡単で、
エンジンを始動する前にバッテリーのプラスとマイナス端子に
このテスターを接続するだけ。
計測時に12.5V〜13Vが正常なバッテリーの電圧の数値ですが、
もしで計測したときに12Vを切っているとかなり劣化が進んでいますし、
11V前半しかない状況だとエンジンの始動ができないということもあります。
すなわちバッテリーの寿命が近いというサインです。

できればご自身で、というよりはカーショップ、整備工場、
ガソリンスタンドなどで定期的なチェックを行うことをおすすめしますが、
どちらにせよ、
寿命が近くなってきたらバッテリーが上がる前に交換をして
安心のカーライフをお過ごし下さい。




以上、バッテリーあがりの原因、対策と予防法をご紹介いたしました!
もしクルマの異常を感じたという方はぜひ「店舗へお問合せ」ください!
また、その他にクルマに関する相談がある!という方も
ぜひお気軽に「店舗へお問合せ」してみてください。
どちらも専門のスタッフが詳しくお答えさせていただきます!
クルマを探している!という方は「在庫検索ページ」よりお探しになるか、
店舗へお問合せ」ください!

それでは、また次回!

2020/01/16 Thu

お悩みスッキリ

top

お客様の個人情報取り扱いに関する基本方針

当社がお客様に商品サービスをご提供するにあたり、個人情報を取得・保有・利用しております。 当社はお客様の個人情報保護の重要性を深く認識し、個人情報を保護し適切に取り扱うために、 ここに当社としてのプライバシーポリシーを定めます。当社では、お客様の個人情報を以下の目的以外には利用いたしません。

(1) 定期点検、車検および保険満期のご案内などを提供するため、郵便、電話、電子メールなどの 方法によりお知らせすること。

(2) 当社において取り扱う商品・サービスなどあるいは各種イベント・キャンペーンなどの開催について、 郵便、電話、電子メールなどの方法によりご案内すること。

(3) 商品開発あるいはお客様満足向上策検討のため、郵便、電話、電子メールなどの方法により アンケート調査を実施すること。

(4) 与信判断および与信管理

(5) 以下の個人情報を書面または電子媒体によりグループ販売会社、当社の提携会社に提供すること。

(6) 車両の販売・仕入・登録・届出のために、車両証および定期点検記録簿本体並びにそれらに記載されている 個人情報を取得・利用し、販売先・仕入先に書面(本体およびコピー) または電子媒体により提供すること。 ただし本人申し出により第三者提供を停止いたします。

(7) 運転免許証等により本人確認を行い古物営業法に基づく古物台帳に記載すること。

当社は、お客様の個人情報を、上記(1)-(5)および(6)にて定めた提供先を除き、正当な理由のない限り お客様の同意を得ることなく他社、第三者に提供いたしません。

当社は、お客様がご本人の個人情報の確認、訂正などを希望される場合は、当社の定める書面の提出 により開示に応じます。開示請求書などの当社の定める書面の入手方法・開示請求書等を希望される場合の ご本人および代理人の確認方法等につきましては、当社までお問い合わせください。なお、個人の開示にあたりまして、手数料をお支払いいただくことがあります。

当社は、お客様の個人情報の取り扱いに関する日本の法令、その他の規範を遵守します。 当社は、お客様の個人情報について、適切な安全措置を講ずることにより、漏えい、改ざん、紛失などの 危険防止に努めます。

当社は、個人情報の取り扱いに関して、定期的に監査を行い、常に継続的改善に努めます。